analyzing

商店群との連携度、立地評価

地域活性化の施策において、空き店舗をどのように活用すべきか、ということは課題のひとつとしてあげられます。すべての空き店舗を同時に開店させることができない場合、「どのような順番で開店させるべきか」を検討するひとつの指標として、その空き店舗の位置が、現行の商店群とどれほどの潜在連携力を持っているかを調べます。空き店舗を飲食店として開店させる場合を想定して考えてみます。 まず現行営業している飲食店の位置から、各店舗を効率よく回れるコンパクトなネットワークを算出します。このネットワークは、計画整備されたいわゆる... Read More | Share it now!

analyzing

人口分布付Mini-sum(利便性)評価 / Mini-sum distant crossing with population distribution

青梅市の地図のエリアにおいて、人口分布を考慮したmini-sum位置(人々にとって平均的に近い位置、利便性の良い位置)を探します。 各建物の床面積から、各建物に居るであろう人数を割り戻します。その人数を最寄の交差点に割り当てます。 エリア外からのアクセスを考慮するために、Super Nodeを定義しエリア外の人口を6方面に分けて割り当てます。評価は2通り  徒歩+JR鉄道(公共交通):ヒートマップ(近接性が高い、赤いほど利便性が高い) 徒歩+JR鉄道:ランキング1~100番目 徒歩+JR鉄道:ラン... Read More | Share it now!

analyzing, Test

利便性の為にコンビニエンスストアを再配置できたら… Convenience store re-plotting

この上野エリア地図の範囲には215店のコンビニエンスストアが開店しています。それぞれの店舗について、その店舗を最寄とする範囲=圏域を算出することができます。それぞれの店舗の圏域内に着目すると、その圏域の中にいる人々が平均的に近い位置(圏域内すべての場所からその位置に至る距離の総和が最も小さい = mini-sum )を見つけることができます。このmini-sumな位置は、圏域内に居るコンビニエンスストアの顧客にとって平均的にアクセスしやすい、利便性のよい場所と見ることができますが、ほとんどの場合このmi... Read More | Share it now!

research, Test

場所の魅力 / 空間的相互作用

場所の魅力とは? 場所の魅力はどのように決まるでしょうか.都市には,賑わいのある場所,閑散とした場所,広場や公園に面した場所などさまざまな場所が存在しますが,場所 の魅力を各場所の諸特性の利用者に与える価値を投影したものと考えるならば,都市に存在する駅や広場や商業地などの“要素”が任意の場所の魅力に影響を与 えると考えることができます.hclab.では,ある場所が利用者に与える魅力は,その場所と諸要素との人や情報の相互作用の結果であると考え,空間的相 互作用モデルをベースに,都市に存在する駅や商業集積地や... Read More | Share it now!