商店群との連携度、立地評価

地域活性化の施策において、空き店舗をどのように活用すべきか、ということは課題のひとつとしてあげられます。すべての空き店舗を同時に開店させることができない場合、「どのような順番で開店させるべきか」を検討するひとつの指標として、その空き店舗の位置が、現行の商店群とどれほどの潜在連携力を持っているかを調べます。空き店舗を飲食店として開店させる場合を想定して考えてみます。


まず現行営業している飲食店の位置から、各店舗を効率よく回れるコンパクトなネットワークを算出します。このネットワークは、計画整備されたいわゆる「商店街」ではなく、都市生活における「実質的な商店街:飲食店ネットワーク」と見ることができます。

次にこの飲食店ネットワーク上ですべての店舗同士を行き来した場合に、もっとも通過する可能性の高い(媒介度の高い)部分を把握します(赤い色ほど媒介度が高い)。

評価は次の2点を考慮します。

  1. 各空き店舗の位置が、現行飲食店ネットワークの上にあるか、ある場合はその媒介度はどれくらいか
  2. 空き店舗の位置が、現行店舗ネットワークの上に無い場合、最寄の飲食店ネットワークまでの距離はどれくらいか

以上から下表のようにランキングすることができます。

ランク名称店舗ネットワークまでの距離(m)店舗ネットワーク上での媒介回数媒介度
1空き店舗20 (1F)03880.0203035
2空き店舗1801950.0102041
3空き店舗1701950.0102041
4空き店舗601950.0102041
5空き店舗1501950.0102041
6空き店舗58.6256700
7空き店舗21 (2F)9.0594100
8空き店舗412.737700
9空き店舗1018.038300
10空き店舗1623.992300
11空き店舗1926.692900
12空き店舗734.363600
13空き店舗835.069300
14空き店舗1446.617500
15空き店舗956.452900
16空き店舗1289.159700
17空き店舗1390.576100
18空き店舗298.403100
19空き店舗3108.70600
20空き店舗1113.31700
21空き店舗11185.33100